青野季吉


【プロレタリア文学・大衆文学】へ

 ◆生年一覧

 

青野季吉(あおの・すえきち)

1890〜1961。新潟県佐渡生れ。英文科卒。読売新聞社記者時代シベリア出兵論に反対、『ある時代の群像』を生む。社会主義理論の研究につとめ、「無産階級」を創刊。以後、社会、政治評論と文芸評論の2面に筆をふるい、その半生は日本の社会主義運動、プロレタリア運動と表裏一体にあり、常に指標的評論を発表しつづけた。戦後は20年『日本論の文学』の発表を機に批評活動を再開、またペンクラブの再建につとめた。

参考図版

図書『蒼ざめたる馬』 青野季吉訳 大13.5 随筆社 図書『文藝と社會』 青野季吉著 昭11.4 中央公論社 (中川一政装幀)
図書『実践的文学論』 青野季吉著 昭5.12 千倉書房