朝河貫一


【文学科創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

 

朝河貫一(あさかわ・かんいち)

1873〜1949。福島県生まれ。明治28年文学科卒業。同年米国に渡る。ダートマス大学を経てエール大学大学院卒業。35年大化改新の研究により哲学博士となる。昭和4年『入来文書』を完成し、その業績は世界的に高い評価をえた。没後日本で著書論文が再刊された。

参考図版

図書『入来文書』 朝河貫一著 1929 Yale University Press. 書簡朝河貫一書簡 大西祝宛 明28.11.18 渡米直前の挨拶状