網野菊


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

網野菊(あみの・きく)

1900〜78。東京生れ。日本女子大学英文科卒。大正11年から2年余露文科聴講生。1年先輩の湯浅芳子と交流。今生の思い出に、と訪問した志賀直哉が生涯の師となる。一貫して身辺小説を描いた。戦後、数々の賞を受賞。日本芸術院会員。

参考図版

図書 『一期一会』網野菊著 昭42.2 講談社 (伊藤積装幀)