有馬頼義


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

有馬頼義(ありま・よりちか)

1918〜80。伯爵家の三男として東京に生まれ、第一高等学院中退。陸軍に入り渡満、戦後は職を転々とした。『終身未決囚』により29年、第三十一回直木賞受賞。松本清張らとならび推理小説ブームに活躍した。

参考図版

図書『終身未決囚』有馬頼義著 昭29.5 作品社 図書『四万人の目撃者』有馬頼義著 昭33.7 大日本雄弁会講談社