日夏耿之介


【早稲田と詩歌】へ

 ◆生年一覧

 

日夏耿之介(ひなつ・こうのすけ)

1890〜1971。詩人、英文学者。本名樋口国登。長野県生まれ、大正3年早大英文科卒。在学中西条八十らと詩誌「聖盃」を創刊、のち「仮面」と改題。「形態と音調の錯綜美」という特異の美意識から多くの詩を書いた。長く早稲田大学の教壇に立ち英文学を講じた。

参考図版

図書『轉身の頌』 日夏耿之介著 大6.12 光風館 (長谷川潔装幀・挿画) 人物写真『轉身の頌』の会 大7.1 前列左より日夏耿之介,三木露風。後列左から7人目北原白秋,右隣が芥川龍之介
図書『黒衣聖母』 日夏耿之介著 大10.6 アルス (自装) 自筆資料日夏耿之介 『吉江博士と自分と』 原稿