細田源吉


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

 

細田源吉(ほそだ・げんきち)

1891〜1974。東京生れ。大正4年英文科卒。同期に直木三十五青野季吉細田民樹らがいる。自伝あるいはその周辺を素材とした現実主義的な作風の作品をつぎつぎと発表した。のちプロレタリア文学へ進んだ。

参考図版

自筆資料細田源吉 『幼老ものがたり』 原稿 図書『女性の敵』 細田源吉著 昭18.6 中央公論社