細田源吉


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

 

細田民樹(ほそだ・たみき)

1892〜1972。東京生れ。大正4年英文科卒。卒業と同時に兵役につく。除隊後、軍隊批判の小説『或兵卒の記録』を書き反響を呼んだ。続く作品も好評で、プロレタリア文学の一翼を担った。

参考図版

図書『或兵卒の記録』 細田民樹著 大13.12 改造社