藤野古白


【文学科創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

 

藤野古白(ふじの・こはく)

1871〜1895。愛媛県生まれ。本名潔、別号湖泊堂、壺伯。正岡子規は四歳年上の従兄弟にあたる。明治13年古白一家は東京に移住。幼少から神経過敏な性格であり、学友とけんかをして、お守り役のような立場の子規を悩ませた。明治25年東京専門学校に入学。俳句を作り一時期「破天荒」の新風を示して子規らを啓発した。また戯曲も残した。古白は明治28年3月ピストル自殺をとげた。子規は遺稿集として『古白遺構』を編んだ。

参考図版

図書『古白遺稿』 明30.5 正岡子規編刊