加能作次郎


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

加能作次郎(かのう・さくじろう)

1885〜1941。石川県生れ。明治44年英文科卒。博文館で前田晁のあとをうけて「文章世界」の編集を手がけた。出世作は『厄年』で、自然主義風の写実によって平凡な庶民を描いた作品が多い。

参考図版

人物写真「世の中へ」の会 挨拶する片上伸の向いでうつむいているのが加能作次郎 図書『世の中へ』加納作次郎著 大11.5 新潮社