前田晁


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

 

前田晁(まえだ・あきら)

1879ー1961。山梨県生れ。号、木城。37年英文科卒。博文館に入って田山花袋を助け「文章世界」を編集するかたわら、翻訳、評論、小説を手がけた。中でも、ゴングールの『陥穽』に代表される多数の翻訳には定評がある。

参考図版

図書『途上』 前田晁著 大2.10 忠誠堂