松平康国


【文学科創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

 

松平 康国(まつだいら・やすくに)

1863〜1945。漢学者。長崎出身。二松学舎、ミシガン大学等に学ぶ。読売新聞記者を経て明治24年より東京専門学校講師、史学、漢文を教える。中国泰山金剛経石刻文字の拓本を図書館長の市島春城に贈り、市島はそれより「名著大作」の四字を集め図書館に掲げた。

参考図版

図書『天行詩鈔』 松平康国著 昭8.11