中島孤島


【文学科創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

中島孤島(なかじま・ことう)

1878〜1946。長野県生まれ。本名茂一。明治32年文学科卒業。翌33年頃から「明星」に評論を載せるようになり、以後「新小説」「早稲田学報」にもかかわるようになりながら小説家、評論家、翻訳家として活躍した。代表作は木下尚江の推薦で世に出た『新気運』。

参考図版

図書『新気運』 中島孤島著 明39.5 平民書房