西川満


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

西川満(にしかわ・みつる)

1908〜。会津若松出身だが、3歳で渡台。仏文科卒後、編集者を経て詩作・創作に専念。「媽祖」「文芸台湾」を刊行。詩集『亜片』で詩業功労賞を受賞。『会真記』で夏目漱石賞を受賞。天上聖母算命学を創唱。装本を大切にし、一冊一冊の創作に精力を注いでいる。

参考図版

図書『媽祖祭』西川満著 昭10.4 媽祖書房 (宮田彌太朗装幀) 図書『会真記』西川満著 昭51.11 人間の星社 (自装 峯梨花装画)