丹羽文雄


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

丹羽文雄(にわ・ふみお)

1904〜2005。三重県浄土真宗の寺院の長男として生れる。第一高等学院で尾崎一雄を識り、作家を志す。国文科卒。永井龍男の勧めで『鮎』を「文芸春秋」に発表。『象形文字』『肉』で新進作家の仲間入りをする。日本文芸家協会理事長・会長の要職を務めながらも旺盛な創作活動を展開。『蓮如』で野間文芸賞を受けたほか数々の賞を受賞。また、単独出資で「文学者」を発行、多くの新人を世に送り出した功績により第22回菊池寛賞受賞。1977年文化勲章受章。1987年3月、第3回早稲田大学芸術功労者表彰。2005年没。

参考図版

図書『鮎』丹羽文雄著 昭10.1 全体社 図書『菩提樹』丹羽文雄著 全2巻 昭30.10-31.3 新潮社 (橋本明治装幀)
図書『献身』丹羽文雄著 昭36.8 新潮社 (田村孝之介装幀) 挿絵・絵画『献身』 新聞連載挿絵 (田村孝之介画)
図書『四季の旋律』丹羽文雄著 昭56.11 新潮社 (牧進装画)