額田六福


【早稲田と演劇】へ

 ◆生年一覧

額田六福(ぬかだ・ろっぷく)

1890〜1948。劇作家。岡山県出身、青年期に脊椎カリエスを病む。上京し岡本綺堂の指導を得て劇作に手を染める。大正9年早大卒業。沢田正二郎の新国劇や歌舞伎座のために『天一坊』『白野弁十郎』など多くの脚本を書き人気を得た。映画化作品も多い。

参考図版

その他「冬木心中」 額田六福作 昭10.1 お政:坂東竹三郎,大和屋平太郎:片岡我当