太田玉茗


【文学科創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

 

太田玉茗(おおた・ぎょくめい)

1871〜1927。埼玉県生まれ。本名伊藤蔵三(のち太田玄綱から三村玄綱と改名)。明治27年7月文学科を卒業。同期に島村抱月、後藤宙外がいる。各誌に新体詩をつぎつぎと発表して新体詩人として認められた。代表作は『花ふゞき』(『抒情詩』所収)。

参考図版

図書『抒情詩』 宮崎湖処子編 明30.4 民友社