尾崎士郎


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

尾崎士郎(おざき・しろう)

1898〜1964。愛知県生れ。中学時代から政治に関心を持ち、高等予科入学後、社会主義運動に傾倒。大正6年(1917)の早稲田騒動では指導者となる。『逃避行』発表後、運動から離れていく。昭和2年(1927)発表の『鶺鴒の巣』が高い評価を得た。都新聞に連載された『人生劇場』は、ベストセラーになり、映画や劇場で上演された。戦前は「文芸日本」、戦後は「風報」を創刊。

参考図版

図書『鶺鴒の巣』尾崎士郎著 昭14.5 新潮社 図書『人生劇場』尾崎士郎著 青春篇 昭11.2 (6版) 竹村書房 (中川一政挿画・装幀)
挿絵・絵画『人生劇場』挿絵 (中川一政画) 図書『続人生劇場』尾崎士郎著 愛慾篇 昭10.12 竹村書房 (中川一政挿画・装幀)
図書『続々人生劇場』尾崎士郎著 昭10-11 竹村書房 (中川一政挿画・装幀) 雑誌「風報」 昭31.7 表紙 尾崎一雄・尾崎士郎