押川春浪


【プロレタリア文学・大衆文学】へ

 ◆生年一覧

 

押川春浪(おしかわ・しゅんろう)

1876〜1914。愛媛県生れ、父はキリスト教界の名士。法科在学中に『海島冒険奇譚海底軍艦』を出版、好調な売れ行きに続篇6部を書き完結までに8年を要した。「少年世界」「中学世界」に新作を発表、少年ファンを熱狂させ、はじめて「冒険小説」という新しいジャンルを定着させた。明治41年「冒険世界」を創刊、読者界を湧かせた。

参考図版

図書『航海奇譚』 押川春浪著 明37.11 大学館 図書『空中大飛行艇』 押川春浪著 明35.3 大学館