沢田正二郎


【早稲田と演劇】へ

 ◆生年一覧

 

沢田正二郎(さわだ・しょうじろう)

1892〜1929。高知県生まれ。大正3年英文科を卒業。在学中より文芸協会の研究生となり、明治45年帝劇の『ヴェニスの商人』で初舞台を踏んだ。その後芸術座を経て大正6年新国劇を創立。旗揚げ興行こそ失敗したが、のちに『国定忠治』『月形半平太』といった新劇は国民の大きな支持を得るところとなった。沢田は昭和4年2月新橋演舞場で開演中、中耳炎で倒れ3月4日急逝。享年36歳であった。

参考図版

その他新国劇「国定忠治」 忠治:沢田正二郎 自筆資料沢田正二郎絶筆 帝劇興行打合筆談
図書『パチパチ小僧』 昭2.3 新国劇事務所 (自装・画)