下村千秋


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

下村千秋(しもむら・ちあき)

1893〜1955。茨城県生れ、大正8年英文科卒。「十三人」同人。その後、昭和初期の暗い世相を描いた『天国の記録』や『街の浮浪者』などが注目された。

参考図版

図書『しかも彼等は行く』下村千秋著 昭5.10 新潮社