須藤鍾一


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

 

須藤鐘一(すどう・しょういち)

1886〜1956。島根県生れ。明治43年英文科卒。博文館で「淑女画報」の編集を長く勤めるかたわら作歌や創作をつづけた。中村星湖の紹介で「早稲田文学」に『白鼠を飼ふ』を発表後、数々の作品を残した。

参考図版

図書『愛憎』 須藤鐘一著 大10.3 博文館(川端龍子扉画)