田中王堂


【文学科創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

 

田中王堂(たなか・おうどう)

1867〜1932。埼玉県生まれ。本名は喜一。明治22年シカゴ大学に入学し、9年間哲学研究を行った。ジョン=デューイ、ジェイムズ、サンタヤーナの影響をうけ、帰国後間もなく、31年に本学の講壇に立った。その哲学体系はプラグマティズムに象徴主義を融合させた独自なものであった。主著は『哲人主義』二巻。

参考図版

書簡田中王堂書簡 本間久雄宛 大8.12.10 友人の作品を「早稲田文学」に推薦したもの。