近松秋江


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

 

近松秋江(ちかまつ・しゅうこう)

1876〜1944。岡山県生れ。明治34年英文科卒。白鳥と同様抱月に認められ、評論から出発して小説に向ったが、作風は白鳥と違い情的で主観的な描写が中心であった。世間的に有名になったのは、大正期に入ってからのいわゆる情痴文学である。本姓は徳田であるが、近松門左衛門を慕うあまり改姓した。

参考図版

図書『別れたる妻に送る手紙』 近松秋江著 大2.10 南北社 (正宗得三郎装幀)