富沢赤黄男


【早稲田と詩歌】へ

 ◆生年一覧

 

富沢赤黄男(とみざわ・かきお)

1902〜1962。早大政経学部の卒。昭和初期に興った「新興俳句運動」の有力作家として活躍した。中国大陸を転戦、異色の前線俳句を発表。戦後高柳重信らに擁せられて「薔薇」を主宰した。

参考図版

図書『定本富澤赤黄男句集』富沢赤黄男著 昭40.11 富沢赤黄男句集刊行会