若山牧水


【早稲田と詩歌】へ

 ◆生年一覧

 

若山牧水(わかやま・ぼくすい)

1885〜1928。旅と酒を愛し、「漂泊の歌人」として名高い牧水は宮崎県出身。明治37年早大高等予科に入り、北原白秋土岐善麿らと相識る。また石川啄木とも親交があった。41年英文科卒。万葉集と自然主義文学の影響により、清新流麗な独自の歌風を確立した。

参考図版

図書『海の声』 若山牧水著 明41.7 生命社 平福百穂表紙 図書『路上』 若山牧水著 明44.9 博信堂書房
自筆原稿若山牧水歌稿 『三十首』 自筆 自筆原稿若山牧水 『姉への手紙』 原稿 「早稲田文学」221号 大13.7所載
雑誌「生活と藝術」第1巻第1号 大2.9 東雲堂書店 人物写真銀座カフェ・ヨオロッパにて 大3.4
前列右より若山牧水,土岐善麿,
後列右より古泉千樫,前田夕暮,斎藤茂吉,中村憲吉