鷲尾雨工


【プロレタリア文学・大衆文学】へ

 ◆生年一覧

 

鷲尾雨工(わしお・うこう)

1892〜1951。新潟県の代々の医家に生れる。学生時代すでにダヌンツィオ『フランチェスカ・ダ・リミエ』を翻訳出版。英文科卒業後冬夏社を経営するが、取締役直木三十五の金銭的無軌道が災い失敗する。のちに『吉野朝太平記』で第2回直木賞を受賞、奇縁として有名。歴史作家の地位を確保する。

参考図版

図書『吉野朝太平記』 鷲尾雨工著 昭10.7 春秋社 図書『明智光秀』 鷲尾雨工著 昭13.7 春秋社
図書『姫ざくら』 鷲尾雨工著 昭22.4 文宣堂