保高徳蔵


【第三次「早稲田文学」と昭和の作家たち】へ

 ◆生年一覧

 

保高徳蔵(やすたか・とくぞう)

1889〜1971。大阪生れ。幼なじみの宇野浩二の勧めにより英文科に入学。同年の直木三十五青野季吉らを識る。卒業後、新聞記者などを経て著作業に専念。昭和8年(1933)「文芸首都」を創刊・主宰し多くの新人作家を育成。妻は作家の保高みさ子。

参考図版

図書『孤独結婚』保高徳蔵著 昭11.2 慈雨書洞