山岸荷葉


【文学科の創設と第一次「早稲田文学」】へ

 ◆生年一覧

 

山岸荷葉(やまぎし・かよう)

1876〜1945。東京日本橋生れ。本名惣次郎。別号加賀舎。明治29年文学科卒業。坪内逍遙に師事。のち尾崎紅葉の門に移って荷葉の号を受け、硯友社の有力同人となった。また武田桜桃らと同人誌「詞海」を創刊し小説を発表した。代表作は『紺暖簾』。書をよくし、歌舞伎脚本等の劇作、劇評でも活躍した。

参考図版

図書『紺暖簾』 山岸荷葉著 明35.10 春陽堂