吉田絃二郎


【第二次「早稲田文学」と近代文学の成熟】へ

 ◆生年一覧

 

吉田絃二郎(よしだ・げんじろう)

1886〜1956。佐賀県生れ。明治44年英文科卒。「六合雑誌」の編集に従事、のち学苑講師を勤めるかたわら文筆活動に励んだ。随筆集『小鳥の来る日』はベストセラーとなり、二百版を越える売れゆきであった。

参考図版

図書『小鳥の来る日』 吉田絃二郎著 大15.3 新潮社 自筆資料吉田絃二郎 『根岸あたり』 原稿